So-net無料ブログ作成
検索選択
アロマグッズ ブログトップ

セリシン液 [アロマグッズ]

昨日は、大宮のクラウターハウス主催 

大阪大学生物学 元・教授 原三郎先生(現在・京都繊維大学)をお呼びして

セリシン講習会に出席してきました!

タイ産黄金繭 で、セリシン液を作りました。

 DSC_1206.jpg

黄色い色がついている繭は、紫外線を白い眉よりカットします。

DSC_1209.jpg

昔の製糸工場ほど繭を煮ても臭くなかったです。

最も、圧力鍋で蓋をして煮出します。 

 DSC_1211.jpgDSC_1213.jpg

更に滅菌30分

DSC_12161.jpg

参加者一人10本づつ持ち帰れます。

セリシン液 とは~~~~

マルベリー(桑)を食べて成長する蚕の繭から摂ります。

ハーブ教室では、もともとマルベリーは色々と体に良い成分が豊富ですが

それは次回書くことにして・・・ 

荒れたお肌をきれいにする効果もあるので、マルベリーパックを作ったりしていました。

今回、蚕の繭のセリシン液は、

チロジナーゼ活性阻害で美白、

抗炎症で荒れたお肌を整えたり、かゆみ止め

コラーゲンの産生促進 保湿、

繊維芽細胞(角質層のすぐ下にある細胞)の活性化

などの作用があります。昔はとても高額な液でしたが実は自分で作れば簡単です。

私は、自分のソバカスと肘の角質の色素沈着用と古傷の皮膚再生に使うつもりでしたが

よく考えたら、おっくんも皮膚が弱いので、おっくんのかゆかゆにも塗ってあげることにしました。 

 ちなみに、介護時の褥瘡、頭皮の荒れ痒みにも非常に効果が高く、

フケや抜け毛も減るそうです。

原先生は、お話が達者で呼ばれれば普及したいのでどこへでも行ってくれます。

元々は、岡山県白石島の天然桑の葉を是非飲んでみてくれとクラウターハウスに

打診があったところからのお付き合いですが、少し前にFBでお友達になりました。

大宮のクラウターハウスでは、イベントを時々させてもらっていますので時々出没いたします。

師匠のハーブショップですが、講習会も多種ありまして沢山しています。

お話し好きな先生なので、業界の裏話も沢山きけます。

最近では、アプリのハーブ辞典でハーブおじさんとしても有名になってきて

地方で声をかけられるようになったんだ~と話していますが、原先生と二人揃うと

お話がとまりません。 笑

大阪吹田方面では、セリシン液の講習会仲間が1000人ほどいるそうでしょっちゅうOFF会を

開催しているとか・・・ 面白そうだな~。

さてさて、効果は記録して後日UP致しますね!! 

 


nice!(29)  コメント(5) 

風邪・・・ひきました(T△T) [アロマグッズ]

みなさま、こんにちわ!!

毎日寒いですが、いかがお過ごしでしょうか?

 「 アジアで旧暦でお正月を祝わないアホな国は日本だけ!

  だから、暦がずれてみんな風邪引くんだ!!

  何が初春だ!

  冬本番じゃないか!! 」

、、、うむ。ツレのいう事は一理あるかな?

いつも西暦のお正月が過ぎると、寒くなるし・・・・

お盆は旧暦でお祝いする方が多いし、気分も出るよね。

  なあんて思ったりして。

西暦ではなく、皇紀だと今年は2672年。(←私、手帳の横に毎年書き込んでます。)

だって、何となく2012年より歴史が長い気がして気分がいいのですもん。

  ただ、それだけなのですが・・・

ま、古代エジプトやインダス文明、中国や韓国には負けますけど・・・

 お話は横道にそれました。

久々に本職らしきお話しを一つ。

風邪の予防に、我が家では ナノケアふる稼働で 

P1070414.JPG

抗菌作用の強い ユーカリ や、精神安定も兼ねた ラベンダー を

焚いています。

娘のおけちゃんのお部屋は、更に抗菌作用が強いニアウリをナノケアで

焚いているので、この時期調子が悪くなるおけちゃんの体調は

近年、咳やのどの痛みに関しては少し良いようで、今の処症状は出ていません。

続きを読む


nice!(60)  コメント(20) 
アロマグッズ ブログトップ